ファッション

ただ似合う。ただ可愛い。には興味がありません

スーパーで野菜を買う時に

この大根は、サラダが1番合う!

こっちの大根は煮物が美味しそう

とか、考えながら買います。

 

でも、家で夫が料理をする時に、

サラダ用に買った大根をお味噌汁に入れたりします。

私的には、『オーマイガー!』なんですが、

まぁ、食べられない事はない。

素晴らしく美味しくはないけれど、食べれない程不味くもない…みたいな、感じ。

素直な子供ならば、完全に残しますね。

 

 

ファッションコンサルをしている時も、私は同じ感覚です。

その人の、顔・身体・雰囲気・内面を見て、

1番美味しい調理法を探しています。

 

ただ、似合う。

ただ、可愛い。

じゃなくて、その人にとって最適な料理法や盛り付けをしてあげたいの。

 

不味くはないけど…

食べれなくはないけど…

な女性を見ると、チチンプイプイしたくなるんだなー

 

女の言葉は適当だから、

みんな、不味くなければ、おいしい!とか言うじゃない?

それと同じで、まぁまぁであれば、すぐかわいい!とか言うのよ。

 

私は1番美味しい時にだけ、美味しいと言います。

本当にいいね!と思ったものにいいね!します。

 

何を言いたいのかと言うと、

私のファッションコンサルは、ただ似合うもの、ただ可愛いものを探しているわけではありません。

その人のトータルの魅力を最大限に引き出せる装いを見つけております。

 

 

 

 

 

コメントを残す