プライベート,

イスラエルのお母さん

蒸し暑くなってくるこの季節。夜も寝付きにくくなってきました。

ベッドに横たわって、窓から見える空をボーッと眺めてると、いつもイスラエルの事を思い出します。

私の第二の故郷。イスラエル

 

たくさんの友人もいますが、 私がいつも思い返している人物は

ユディット・アーノン

イスラエルでの私の母の様な人。私が通っていたバレエ学校の校長です。

ご本人は、生涯をダンスに捧げた、真の芸術家です。イスラエルダンス界の礎を築いた人間。

そして、彼女を語るのに無視できない事は

アウシュビッツからの生存者だという事。

 

ホロコストに関してはブログではコメントしませんが、私がここで発信したいのは、

ユディットの生き様。

アウシュビッツ内で起こっていた内容は、様々な文献や映像で知ることができるから、ご存知の通り。

人間らしい生活が一切できない環境。

 

ユディットは普段はその体験について語る事はないけど、イスラエルで定められているホロコストのメモリアルデイの日だけは

必ず学校の生徒達を集めて、彼女の体験を語ってくれた。

 

私がユディットを尊敬するのは、

彼女が語るホロコストやアウシュビッツ内での事は、とても前向きなの。

 

強制労働を課せられる毎日の中でも、小さな幸せやユーモアを忘れないようにしていたとか

小さな石ころに神の存在を感じるような芯の強さ。

 

平和ボケな私たちでは想像出来ないような苦難を乗り越えて来た人間の深い優しさ。

そんな事を教わった。

 

 

私がイスラエルにいるときに、イラク戦争が始まった。

イスラエルにも攻撃が来るかどうかの緊迫した時期があり、学校も休校になったの。

イスラエル人の生徒はみんな家族の家に帰った。

留学生の私は、行く場所がなく不安なのを理解して、ユディットは家に私を招いてくれました。

「もし爆弾が飛んできても、このバレエ学校だけは避けるように神が配慮してくれるから、大丈夫よ。心配しなくていい」

と、言っていたのを覚えてる。

冗談めいて言っていたけど、

彼女のダンスに捧げた人生が、物凄く強い信念から成っているんだな。と感じました。

 

もう亡くなって何年も経つけど、

ユディットが教えてくれた教訓、そして彼女の生き様全てが、私だけじゃない、多くの人の中で生きています。

 

イスラエルのお母さん。

会いたいなー

眠れない夜はとくに。

 

■提供中メニュー■

友だち追加

コメントを残す