プライベート,

ボーンホルム島

スウェーデンでの夏を過ごした15年前、

記事はこちら

 

デンマークのボーンホルム島にも寄りました。

ボーンホルム島(Bornholm、古ノルド語による古い表記ではBurgundarholmr)は、バルト海上にあるデンマーク領の島。スウェーデン南部スコーネ県とドイツ、ポーランドに挟まれている。人口5万人。行政面ではデンマーク首都地域のボーンホルム基礎自治体を成している。かつてはボーンホルム島と周辺の小島でボーンホルム県を成していた。「バルト海の宝石」と称される。Wikipedia より抜粋

 

3泊ほどの寝袋を持ってのワイルドキャンプ旅でした。

 

ボーンホルム島では自転車を借りて、島の外周をサイクリングしながら、夜はビーチで寝たり。ほんとに自由な旅です。

20歳ならではって感じでしょ。

 

遺跡やら、建造物やらには全く興味のないお子ちゃまでしたので、ただただ、歌いながら自転車漕いで、お腹空いたらカフェでピザをかじって、あとはビーチで泳いだり寝たり。

今思い出すと、どんだけ贅沢な旅だったんだろうと思う。

 

 

「この瞬間がずっと続いたらいいのにな」

ってゆう瞬間、人生の中で何度くらいあると思う?

1度?2度?もうちょいある?

 

ボーンホルム島でのビーチで私はそんな瞬間を味わいました。

 

大好きな仲間と、素晴らしい環境、最高の気分。

「あー、この瞬間がずっと続いたらいいのにな」って心の底から湧いて来た。

それを友達に言ったら、その子もそう感じていたみたい。

 

私は旅との相性が良い人間だから、こーゆー瞬間はいつも旅の中です。

 

私から旅を取り上げたら、多分死ぬ。

 

2回にわたって、私の20歳の頃の旅の思い出をお送りしました。

お付き合い頂きありがとう♡

 

これからも面白い旅をしていくぞ。

 

 

■提供中メニュー■

コメントを残す