家族,

可愛い子には旅を

昔からあることわざ

『可愛い子には旅をさせろ』と言います。

 

私自身、18歳で単身日本を飛び出ましたが、旅をする本人は、何もわからずにおりましたが。自分が親になってみて、送り出す親はこれが簡単じゃないと分かりました。

 

私のお母さんはどんな心境で可愛い娘をたった1人で旅に出せたんだろう。とよく考えます。

 

母にも直接聞いた事があってね、母の答えはだいたいいつもこんな感じ。

「人間どこで何をしてようが死ぬときは死ぬし、生きるときは生きるのよ。ははは」

でした。笑

 

さっぱりとした性格の彼女らしい答え。こんな事を言っていたとしても、じゃぁ、心配が全くなかったのか?といったらそんな事はないよ。もちろん。

内心はもちろん心配もあったと思います。

でもそれは私には見せなかったな。

 

そして今、私が親をやる番。

「可愛い子には旅をさせろ」は実現させるつもり。

外国を見せるのも思考が固まる前の子ども時代に見せとこう

 

 

 

少子化の今、ますます、「可愛い子には旅をさせる」の流れはないのかな。

旅させる or 旅させない

2極化。

どちらが良い悪いじゃなく

私は、可愛いからこそ、どんどん旅立ってほしいと思ってます。

最近、旅関連の投稿が続いてるな〜

 

 

 

■提供中メニュー■

コメントを残す