家族

子沢山ママの子育て

5人目を妊娠中の女です。

 

1人目の長男を産んだ後に、教育ママスイッチが入った期間がありました。

 

紙おむつは使わずに絶対に布オムツ

1歳半まで、人工乳は与えず完全母乳

体調崩したらホメオパシーやアロマで解決

添加物なども極力避ける

○○式の英才教室にも行ったり

なんちゃらカードとか、右脳教育

 

これ、全部やってた。笑い

今並べると、信じられないけど、私がやっていた事。

 

2人目まではすごく頑張っていましたね。

 

3人目にもなってくると、現実的に手を抜き始めないと身がもたないので

全てやめました。

 

まぁ、もちろん今でも無理せずに取り入れられるものは、取り入れています。

子育て熱にかなりのめり込んだ時期を通過して、

自分のスタイルを確立した。

熱中していたあの時期は、夫も忙しくて不在の事が多かったから。

気を紛らわす意味もあったなー

 

今の適当さが1番好き。

子供もみんな良い子で超健康です。

 

 

私には姉がいて、彼女の性格は非常にマメ。

私とは真逆。

娘を2人育てていますが、小さな頃から大きな今まで。ずーっと教育熱心。

習い事・家庭学習・小さい頃から英才教育もかなりやっていました。

 

私の結論は、どんな子育てをするのかは、結局親の自己満の世界だと思います。

 

日本は鎖国体質だし、島国だし、大陸の人達のライフスタイルや文化を昔から憧れてマネしてきましたよね。

ここ10年を振り返ってみても

ユダヤ人式ナンチャラ

北欧流ライフスタイル

イギリス人スローライフ

フランス的ナンチャラ

オランダの教育法

インド人のびっくりなんちゃら

 

とかとか…

 

とにかく必死な日本人。笑

 

笑っちゃいけないけど、まとめるとわらえる。

 

どれも素晴らしい内容なのは、もちろんだけど、

その国の背景・歴史・文化・気候・宗教

総合して、築いてきたスタイルであって。

それを日本が面白いところだけを、つまみ食いして取り入れたところでさ

雑だよね。

 

まぁ、その雑さ、雑多さは日本らしいけど。

 

その国のライフスタイル・教育が本当に良いと思ったら、その国に行けばいいよね。

住んでみて、実際にその国の人達は、どうなのかを自分の目で見てきたらいいと思う。

 

本や雑誌のキャッチーなコピーだけに憧れていない?

 

ライフスタイルも子育ても、自分の器にあった身の丈に合ったものが1番だと私は思います。

ムリなく継続できる事なのかどうか、が私の子育てにおいては重要なポイントです。

 

 

■提供中メニュー■

コメントを残す