ぶっちゃけ, 家族

怒られたくない日本人

最近疑問に思っていること。

 

なんで、「怒り」や「憎しみ」を排除したがる人が多いのかな。

 

 

どれも、感情の一部に過ぎないのに。

 

「喜び」や「好意」と同じレベルでしょ?

 

怒ることに罪悪感を感じる人の心理には

もちろん、自分が怒られることへの恐怖があるよね。

人から嫌われることへの恐怖とか。

 

まぁ、打たれ弱い、日本のぬるま湯しか知らない人が陥りやすいんだと思うけど。

 

みんなから好かれるような、綺麗な人間に私は興味はないし、

怒りの感情をしっかり出せないような、幼稚な人間も興味ない。

 

子育てにおいても、

叱らない・怒らない  みたいな風潮は、まじ気持ち悪いと思う。

 

ただでさえ、自分の感情を感じれない、不感症な日本人は多いのに、その親に育てられる子供たちはどれだけ不感症になるんだろう。

 

喜びも・悲しみも・怒りも・全てを自分で処理できる人間に私の子供たちにはなってほしいと思う。

だから、私は子供の前で、怒るよ。

泣くし。

喜ぶし。

 

人格形成ってそーゆーことだと思うから。

 

ただ単に、自分が夫や親から怒られたくないのなら、その本人に「怒らないでね」って言えばいいだけでしょ。

ごちゃごちゃかき混ぜて、矛先を子供への教育(建前はね)とかにすり替えないでさ。

 

■提供中メニュー■

コメントを残す