家族

熱性痙攣を初めて経験

親になって9年。もうすぐ5人目が生まれる中、

子育てでも色々と危険なこと、怖かったこと、を通過してきて

ある程度のことは経験したかな。と思っていました。

男の子が多いから、怪我などは日常茶飯事。脳震盪や骨折などに対しての免疫はつきました。

 

だけど、この前、母親になって初めての経験。初めてで、一番怖かったこと。

 

4歳の娘の、熱性痙攣。

 

風邪を引いて熱を出していた娘。いつもよりは元気はなかったけど、普通に会話をしていたところ、

急に様子がおかしくなったの。

 

白目をむいて、意識がなくなる・・・

最初は冗談でとぼけているのかな?と思ったの。(よくおとぼけ顔をする子なので)

 

へ?と思って

 

見ていたら、みるみる間に唇の色も紫に変わった・・・

 

へ?へ??

ヤバイ!?

 

慌てて声をかける私。

 

マリナちゃん!!マリナちゃん!!!

 

返事なし。

 

2階で仕事をしていたパパを大声で呼ぶ。

 

どんな状況でもパニックにならない冷静なパパも、最愛の娘の異常な状況に、パニック!!

 

抱きかかえて、大声で名前を叫ぶ。

マリナちゃん!!!

 

パパが

救急車呼んで!!!と叫ぶ。

 

私、慌てて救急に電話。

 

救急の人に状況を説明すると、私を落ち着かせるように、

熱性痙攣はご存知ですか?と。

 

そこから、私と夫のパニックは一旦収まりました。

 

マリナちゃんの意識も徐々に戻り・・・

 

事は収束。

 

全部で3分くらいに出来事だったけど、私と夫にしたら人生の全ての恐怖が凝縮していたような時間でした。

 

親として新たに身を引き締めていかないと。と警告されたような出来事でした。

 

 

今はすっかり元気になたマリナちゃんを見て、今まで以上に愛おしさを感じています。

 

■提供中メニュー■

コメントを残す