プライベート,

私が見たイスラエル①

19歳〜22歳の時期を過ごしたイスラエル

私にとったら第2の故郷なんです。

 

高校卒業して、初めて親元を離れる人は多いでしょ?

その、1人の自立した人生を歩み始める場所って、自分に対して大きな影響を与えると思いませんか?

それが私はイスラエルだったの。イスラエルの前にはNYも半年居たけど… ホームステイだったからか、そこまで影響を受けてない。

 

イスラエルでは、ひとり暮らしだったし。スーパー行ってご飯買ったり。ランドリーに洗濯物出したり。決めて、行動して、失敗して、泣いて、笑って、またやって

を全部自分でやったからね。だいぶ自分形成に影響を受けていると思うの。

 

イスラエルは四国の面積と同じほどの小さな国です。

8割ユダヤ人で、世界中のユダヤ人がこの国に移り住んで来てるから、色んな国の人がいます。

面白いのはね、私がよくロシア人だと間違われたコト!

で、どうしてチョーアジアンな私がロシアンに間違われるのかと思ったら

ロシアでも中国寄りの方には東洋顔混ざった人が多いみたいだね。

 

うん。まぁ、そう。だからよくロシアンに思われたんだねん、、

 

 

あと私が驚いたのは

イスラエル人はブランド物に興味がないんだよ。世界的なハイブランドの種類。

テルアビブ辺りではたまーにショップはあるけれど、エルメス・シャネル・ヴィトン・サンローラン…とかのバッグを持ってる人全然みない!

 

ファッショナブルな人はチョー多いのよ!

なのに何でかな〜って思って観察してたんだけど。

イスラエル人がお金をかけるのは

『学び』

そう、何かを勉強したり学んだりする事に投資をよくしますね。

若い子に限らず、大人もしょっちゅう大学に通うし、専門学校に通ったりしてたのに驚いたわけよ。

まさに【生涯学習】

興味がある事に対する探究心が高いんだなー。

 

情勢がつねに不安定な国民だから、お金をモノに使うのではなくて、自分の知識や教養に使うんだろうね。

きっと、世界中のユダヤ人がスーパー賢いのはそのせいなんだなー。

って肌で感じました。

 

だから、私も学びには投資を惜しまないの。

私はブランド物にも投資を惜しまないけどね。笑

 

コメントを残す