Browse Category by ただのぼやき
ただのぼやき, プライベート

眠れない夜は諦める

昔からたまにどうしても眠れない夜がある。

 

そんな日は、諦めて、寝ないの。

 

久しぶりにそんな夜だった。ナウ。

 

スマホにゲームをダウンロードして、ひたすらやる。

 

そしたら明るくなってきたよ

 

夜は寝たいねー。起きてると長い。

でも、必ず朝が来るのはありがたい

ただのぼやき, プライベート

子沢山ママの小ちゃな秘密

子沢山ママなら分かってくれるかしら?

な、ちっちゃな嘘。

 

銭湯とか、温泉とかに行くとね、お腹の大きな妊婦は、かなり目立つです。

 

おしゃべり好きなおばちゃんに、よーく話しかけられるのね、

「何ヶ月〜?」「男?女?」「何人目なの〜?」

とかは質問されるテッパン。

 

何人目?と聞かれた時に、正直に「5人目です」と答える事はまず無い。

もし「5人目です」と言ったら、更なる質問攻めにあう事が間違いないから。ちょっとめんどくさいんです。

 

「何人目?」の質問には、大体「2人目です」と答えます。笑

 

どうでもいいんだけど、生きていくにはつく必要がある嘘もある。

 

今日も寒すぎて、常連の温泉へと行ったら、案の定1人の上品なオバ様が話しかけてきました。

 

その方は、私が初めての妊娠だと決めつけて話しかけて来たから、私も乗っかって、初めての妊娠のテイで話しました。

 

お産に向けての心構えとか、

40年前のお産はこうだった。ああだった。とか

女の生き方のアドバイスを一通り示唆していかれましたよ。

 

意外と面白い話しが聞けた♡

 

子沢山ママならアルアルかも?な小ちゃな嘘のお話しでした。

 

もう寒いの嫌ー。

春よ来い!!

 

 

ただのぼやき

紳士売りな人が多いな。という

ちょっと前の話し

 

私宛に郵便が届いたのね

開けたら、とある起業系セミナーをしている全国的に有名な男性起業家のパンフレット。

見た目は優しそうな笑顔と、紳士的な雰囲気。

 

こんなん注文した記憶ないのに何故?

まぁ、おそらく夫がリサーチの為に私の名前で注文したのかな?と思うけど、

 

とにかくパラパラっと中身を読む。

 

特におかしな事は書いてない

当たり障りのない、正当な事が書いてある

最後まで…

 

最後まで読んで素直に感じた事

 

『で⁈』

『so what⁈』

 

 

本当に、全国的に信者も沢山いる人だよ

信者とか言うと怒られるか…

生徒が沢山いる人だよ。何千人とかいるんじゃないかな。

 

で、色々考えたのね

 

やっぱりさ、何を言うかじゃなくて、誰が言うかだよね。

言っていることは、

「蛇口をひねれば水が出ます。ひねらないと出ません」

的な当然の事ばかり。

 

これを、その辺のおばさんが言っても、あっそ。で済まされる。

でも

笑顔の素敵な優しそうな男性が優しい口調で言うと、ファン続出。信者が続出する。という現象が。

男性に優しく扱われた経験が少ない日本人女性は、多分、即落ちるんだろうな。と思った

 

この原理を応用して、

 

私は誰に向けて、何を言えば、ファンが増えるのかをもっと研究してみよう。

 

 

今は男性の教祖化が流行っていますよね。

うちの夫も、うまくプロモーションして教祖化してみようかな。笑

ポップ歌手アイドルも、ビジネス系アイドルも、スピ系アイドルも、イクメン系アイドルも、

要は教祖化。

アイドルって崇拝される偶像が語源だからね。

 

 

 

関係ないけど、私は男性を信頼できるかどうか判断する時は

眉毛が変じゃないか、変なを履いていないか。

私が男性を信頼できるかどうか見るときは、そこを見ます。そこだけ。

恋愛でも、仕事の相手でも。

 

 

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき, プライベート, 家族

夫の風邪で考えたこと

子供達の冬休みも今日で終わり。

素直に嬉しいです。

朝から夕方までご飯を作り続ける給食おばさん状態でしたから。

 

特に今年の冬休みは、家にスタック状態だったので、結構しんどかったーーー

 

私も妊婦で無理できないし、パパも風邪で寝込んじゃってさ。

夫が何日も寝込むとか、結婚してから初めてだったかな。

流石に心配しました。笑

 

彼が寝込んでる期間に、あれこれ考えたのが、

万が一、夫が死んだら。とかね。笑

 

まぁ、その時はその時で、私、腹括るのとかめちゃくちゃ早そうだけど。爆

 

まず家を売るかな。とか、私の働き方をどうするかとか、具体的に考えたよ。

 

人生何があるかわからないからーー

 

私は幼い頃から、人の生死を結構見ているし、海外生活でも、シビアな状況を見ているから、人間の生死に関しては非常に現実的です。

生まれることもそこまで感動しないし、死ぬこともあまり悲しまない。

かなりドライです。笑

 

でも、流石に夫が死んだら悲しいな。

ここまでの夫婦関係を違う人と築けるかと言ったら、多分無理だと思うから。

私よりは長く生きてもらわないとな。

 

って、なんでこんな話になった??!

ま、とりとめない私の脳内記事もたまにはね。

 

 

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき, 家族

素朴な疑問。父親はベビーシッターなの?

純粋に疑問に思うこと。

 

父と母・パパとママが親としている場合は、父も母も親ですよね。両親。

母だけが親。なんて場合は存在しないはず。ですよね?

少なくとも私の世界観では存在しない。

 

母が子供達と過ごすことは、母親として当然の行為として見なされるけど、

父親が子供たちと過ごしていると、子守という風に見なされるのはなぜ。

うちは父が子供たちと過ごす時間が多いから、よく周りからかけられる言葉で、

「パパが子守してるの?」

って。。。。

子守って。。

そういう発言をする人たちにとったら、父はベビーシッター的な存在なのかな。

 

父は子守じゃなくて、ただ父親をしているだけ。

毎回疑問に感じて仕方がないから書いて見たけど。書いても全く理解ができない。

 

そのおかしな認識の原因は、父親が仕事で忙しいとか、そういうこととはあまり関係していない気がするよ。

日本的な習慣?文化?なのかな。

 

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき

カンニング

小学校高学年の頃、夏休みに

お友達5人くらい集まってみんなで宿題をしていました。

みんな女子。色々なタイプの子がいました。

 

私がね、算数ドリルをしていたの。

算数は苦手でね〜…

ドリルの後ろには答案もついていました。

 

考えてもさっぱり分からないし、私的には当たり前かのように、答案を見ながらドリルの答えを埋めていたのね。

まぁ、私はそういう子です。分からないことは人に聞く。答えがあるなら見る。それが当然だという考えでした。

 

その私の行動を見た1人の女子が、急に怒り出したの。

「たかちゃん!答え見ながらやったらだめだよ!ズルイよ!」

って。

 

笑笑

 

優等生タイプのいい子ちゃんとは昔からこのように気が合わない事が多い。

 

私は

「は?別にいいじゃん」

ときっぱり言って、答えを見続けましまが。

 

 

何が言いたいかというと、

カンニングって分からない時にはしたら良いと思うんだよね。

人の真似も同じ。

自分と同じ様な道を歩いている先を行ってる人の成功例は

真似したらよくない?

 

多分、私に注意したその優等生女子はさ、

小学生の頃は優等生で良かったけど、大人な今はいい子ちゃんから抜け出せずに、自分の首を自分で締めてるよね。

 

綺麗になりたいけど、なり方が分からなければ綺麗な人の習慣を真似したらいいし

稼ぎたいのに稼ぎ方が分からなければ、稼いでる人のやってる事を真似たらいいし

 

何でも最初は真似して当然。カンニングはアリでしょ。

方程式すら分からないのに、自分の頭で必死に考えてたらすんごい遠回りよね。

 

方程式を人から真似して。それを自分のものにするまでくらいはカンニングしたらいい。

 

と私は思う。

おかげで今は算数も嫌いじゃなくなりました。

 

でも結局、世の中って色々なタイプの人がいて成り立つので、

いい子はいい子にしかなれないし、最後までいい子なんだろう。

 

って、とりとめのない終わり方。

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき

中途半端な発信が嫌い

ブログやSNSがこれだけ盛り上がっているから、今までは何の発信もしなかったであろう一般人も自分の思いを世界に発信している。

 

影響力の小さな発信の声であっても、そこにはその人の思いがつまるわけ。

 

発信者の、正義に基づいて。

価値観に基づいて。

信仰に基づいて。

理念に基づいて。

気分に基づいて。

色々…

 

動機はどこからだったとしても、自分が発する言葉、発信にはもちろん責任が伴うんだから。

言った事に無責任なのは見ていてイライラする。

 

語尾を和らげて、断言しなければ、責任とらないみたいな、中途半端な発信がすごく多いから。

多分、そーゆー発信者は、他の誰かの発信を見て、自分の中を通してないのに、頭を通しただけで、あたかも自分の声みたいな風に言っちゃってるから、

語尾を和らげて断言しない方法を選ぶんだろうな。

 

ただ、そーゆー発信はすぐに分かるし、みんな見なくなる。

 

完全中立な人間なんているわけないんだし。

発信するのなら自分の主観で、語尾で逃げずに断言できる人の発信をみたい。

 

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき

アートなんて嫌い

舞台芸術が出身の私は、今でもよく『アート系の人』みたいな見方をされる事があります。

ずっとモヤモヤしていたことをカミングアウト!!

 

アートなんて嫌い!

 

 

はぁすっきり♡

 

 

ここで言う【アート】は、日本語英語化している『アート』のことね、

芸術の【art】ではなくて。

artは私の全て。

 

 

アートの何が嫌いかって、

人が群がるところ。

ムシズガハシル。

 

artはやればやるほど孤独になれる。

私は孤独を愛してるし、実際に孤独。孤独が幸せ。

 

でもアートはやればやるほどに人が群がる。

あの輪には極力入りたくないかな。

仕事なら仕方ない場合もあるけど、プライベートでは関わらない。

 

ま、どうでもいいボヤキでした。

 

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき, プライベート, 家族

もうすぐあれから2年

もうすぐ母の命日が来る。

交通事故で急に逝った私の母。

 

事故現場は子供の送り迎えなどでほぼ毎日通る道。

いやでもあの道を通るたびにあの日の事を思い出す。

 

寒い寒い12月の夕方だったな。妊婦だった私は幼い長女を抱っこして、事故現場で呆然とした。

長女がブルブル震えているのに気がついて慌てて車に戻った。

 

2年前のこの事故をまだ消化しきれていないのは事実。

今でも精神不安定、鬱症状になる事はあってね。

正直、薬にたよるしかないかなと考えた時期もあった。今はそれほどではなくなったかな。

仕事の予定がびっしり入っている事でなんとか自分自身をたもっていた感じ。

 

 

父は病気で逝ったから、別れへの準備が出来たけど。母の場合は準備が出来なかったからね。まだ別れ切れていないのかな。

 

2回目の冬。

 

乗り切ろう。

 

 

竹を割ったようなサバサバした性格の母。

死に方も竹を割ったようにスパン!と。笑

 

『私らしいでしょ?』

と言ってケタケタ笑う母の声が聞こえてくる。

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき, ビューティ

誰かを嫉妬するとき

周りにいる自分より幸せそうな人

自分より成功していそうな人

自分より多くを持っていそうな人

 

の事を羨ましくなる事は誰にでもあると思います。

【憧れ】も羨む気持ちの初歩的なものですよね。

小さな憧れ心から、それが大きくなっていくと、【妬み・嫉妬】のような憎みも含まれる気持ちにまでなったりします。

 

人間だし、こんな事はあるもんだけど、

嫉妬の思いって非常にたくさんのエネルギーを浪費するんですよね。

そう、ちょー疲れるの。

嫉妬する方は、エネルギーダウンするけど・・

嫉妬される方は、なんとエネルギーアップしちゃうんだよね。

 

嫉妬される対象の人って頭のいい人、感受性にも優れている人の場合が多いからか、(おバカな人に対して、嫉妬する人なんて滅多にいないもんね)

誰かに嫉妬されてるなっていうのを、結構わかっている。と思います。

 

そこで、嫉妬する側、される側の相互でエネルギー交換完了!!みたいな感じ。笑

 

だからさ。誰かを嫉妬しそうな時には、これを考えれば、嫉妬したい思いも無くなりませんか?

だって、その人に自分のエネルギー差し出してまで、嫉妬する気にならなくない?

エネルギーは有限なので、無駄使いは控えたいですよね。10代じゃあるまいし。

 

まぁ、私は嫉妬されるのは大好きなので、じゃんじゃん嫉妬してどうぞ!

私がますます綺麗になるのでーー。笑

 

■提供中メニュー■