Browse Category by プライベート
ただのぼやき, プライベート

眠れない夜は諦める

昔からたまにどうしても眠れない夜がある。

 

そんな日は、諦めて、寝ないの。

 

久しぶりにそんな夜だった。ナウ。

 

スマホにゲームをダウンロードして、ひたすらやる。

 

そしたら明るくなってきたよ

 

夜は寝たいねー。起きてると長い。

でも、必ず朝が来るのはありがたい

ただのぼやき, プライベート

子沢山ママの小ちゃな秘密

子沢山ママなら分かってくれるかしら?

な、ちっちゃな嘘。

 

銭湯とか、温泉とかに行くとね、お腹の大きな妊婦は、かなり目立つです。

 

おしゃべり好きなおばちゃんに、よーく話しかけられるのね、

「何ヶ月〜?」「男?女?」「何人目なの〜?」

とかは質問されるテッパン。

 

何人目?と聞かれた時に、正直に「5人目です」と答える事はまず無い。

もし「5人目です」と言ったら、更なる質問攻めにあう事が間違いないから。ちょっとめんどくさいんです。

 

「何人目?」の質問には、大体「2人目です」と答えます。笑

 

どうでもいいんだけど、生きていくにはつく必要がある嘘もある。

 

今日も寒すぎて、常連の温泉へと行ったら、案の定1人の上品なオバ様が話しかけてきました。

 

その方は、私が初めての妊娠だと決めつけて話しかけて来たから、私も乗っかって、初めての妊娠のテイで話しました。

 

お産に向けての心構えとか、

40年前のお産はこうだった。ああだった。とか

女の生き方のアドバイスを一通り示唆していかれましたよ。

 

意外と面白い話しが聞けた♡

 

子沢山ママならアルアルかも?な小ちゃな嘘のお話しでした。

 

もう寒いの嫌ー。

春よ来い!!

 

 

ビジネス, プライベート

私のブログヒストリー

何気にブログ歴は13年にもなります。

 

イスラエルから帰国して東京でダンサーしていた頃に始めた、ジュゲムブログが最初。

日々の徒然つぶやきや、公演の宣伝なんかを書いていました。

もう昔すぎて見せられない内容が多いので削除してあるから探してもないよ。

 

次に、5年前に起業した頃に開始したアメブロ。

4年間弱続けました。

PVを上げるために必死でしたねーー笑

他のブログの読者登録しまくったり、アメブロ内でお友達増やしたり・・・

正直それが売り上げにつながっていた形跡は無し・・・・涙。

まぁ、経験しないとわからないので失敗もよしです。

 

そして1年前に始めたワードプレス。

がこの今のブログです。

私はアメブロからワードプレスに引っ越してよかったなーと思ってるよ。

自分のURLを持てることとか、デザイン度も自由だし、洗練されているから、ストレスフリーです。

最初の作成時はちょっと難しいのかもしれないけど、日々の記事更新に関してはものすごく楽!やりやすい!

アメブロよりも書きやすいと感じています。

そして、じっさいにどれくらい読まれているのか、どの記事が何回読まれているのか、の分析が非常に正確に細かくわかるから、分析しやすいよね。

分析にはgoogle analytics を使っているから、アメブロユーザーさんでもそれを使えば正確なPVがわかるのでおすすめです。

 

アメブロが出すPVは意味不明だから。ずっと気持ち悪かったんだよね。

 

ワードプレスにしたいけど、作成段階で引っかかっている人は私の夫に相談してくださいね。

巷の相場よりはだいぶお安くブログ開設のお手伝いをしていますよ。

こちらまで

mail@manyscent.com

 

いやぁ、ブログ歴も13年って我ながら続いたなーーーと感心しています。

今年はブログ講座でもやってみようかな。

希望者がいれば・・・ね

 

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき, プライベート, 家族

夫の風邪で考えたこと

子供達の冬休みも今日で終わり。

素直に嬉しいです。

朝から夕方までご飯を作り続ける給食おばさん状態でしたから。

 

特に今年の冬休みは、家にスタック状態だったので、結構しんどかったーーー

 

私も妊婦で無理できないし、パパも風邪で寝込んじゃってさ。

夫が何日も寝込むとか、結婚してから初めてだったかな。

流石に心配しました。笑

 

彼が寝込んでる期間に、あれこれ考えたのが、

万が一、夫が死んだら。とかね。笑

 

まぁ、その時はその時で、私、腹括るのとかめちゃくちゃ早そうだけど。爆

 

まず家を売るかな。とか、私の働き方をどうするかとか、具体的に考えたよ。

 

人生何があるかわからないからーー

 

私は幼い頃から、人の生死を結構見ているし、海外生活でも、シビアな状況を見ているから、人間の生死に関しては非常に現実的です。

生まれることもそこまで感動しないし、死ぬこともあまり悲しまない。

かなりドライです。笑

 

でも、流石に夫が死んだら悲しいな。

ここまでの夫婦関係を違う人と築けるかと言ったら、多分無理だと思うから。

私よりは長く生きてもらわないとな。

 

って、なんでこんな話になった??!

ま、とりとめない私の脳内記事もたまにはね。

 

 

 

■提供中メニュー■
プライベート

2017締めくくり

早いもので2017年も残り4日!

クリスマスが終わると一瞬で年越しですね。

 

新しい年を迎える時はやっぱり切り替わりが起こる気がします。

新しい波・新しい風・新しい出会い にワクワクします。

 

私にとっての2017年は、ほんとーーに目まぐるしくて、自分でも何が起こったのかよく理解できていない状況です。

とにかく流れの速さ・激しさに振り落とされないようになんとか命綱だけは離さないでいただけ。みたいな感覚。

 

父母との別れ・姉との関係・子供の成長・夫の飛躍・第5子妊娠・私の仕事の変化。。。

この一年の出来事だけでも分厚い自叙伝がかけそうなくらい。笑

 

大人気の【しいたけ占い】のしいたけさんによると、

牡羊座にとって(私は牡羊座)過去10年は、私らしくないことや・本当は好きじゃない事・やりたくない事も、人の期待を背負う中でやってきた10年だったらしい。もちろんそれは私自身の成長に繋がっているからプラスの10年だった。でも、もう牡羊座さん達は正直クタクタに疲れはてている。だから「お疲れ様でした」と心から言いたい

と言っていました。

そして2018年はようやくビーチサンダルとTシャツの私に戻れます!!

とのこと・・・・

 

おそらく世の牡羊座達は心底喜んでいると思いますよ。

ビーチサンダルとTシャツの私に戻るって、最もリラックスした素の自分に戻れるんです。

10年前の私は、まさに文字通り ビーサンとTシャツで世界中どこでも行っていたし、フットワークの軽さ、身軽さ、がありました。

10年前と今ではライフスタイルが全く違うので、同じことは出来ないし、しないけれども、

しいたけさんが意味するビーサンとTシャツに戻るってゆうのはひしひしと感じているからとにかく嬉しい。

 

そんな年の瀬のタイミングで、夫が1泊の贅沢時間をプレゼントしてくれたもんだから、怒涛の10年が終わる安堵と、楽しい新年が来る興奮を一人静かに噛み締めています。

ついでに美味しいフレンチフルコースも噛み締めています。幸せーー

 

みなさんの2017年はいかがでしたか?

静かで暖かい年の瀬をお過ごしください!

 

 

■提供中メニュー■
プライベート, 家族

鎌田家の寝室事情

人に話すと結構な割合で驚かれる事。

我が家の寝室事情。

 

家族構成が

夫・私・子供4人(8・5・3・1)

 

寝室は夫婦と子供達で分けています。

今は子供4人同じ。末っ子も授乳が終わった6ヶ月くらいから別室で寝ています。

 

 

眠りが浅く、横に誰かがいるとその人の動きや音に敏感に目を覚ましてしまう私だからこうなったよ。

 

 

■提供中メニュー■
プライベート

私の特別な映画

人生で一番たくさんの回数を見た映画は

【天使にラブソングを2】

 

14歳の時に初めて観た。

その時にローリンヒルがゴスペルを歌うシーンで霊眼が開けました。

冗談じゃなく本当。笑  笑っちゃってるけど、本当。

自分が井の中の蛙だという事を知りました。

 

それから3年間で100回は観てる。

黒人になりたいと真剣に思っていた時代もあるしね。

人生で初めて憧れとか、尊敬を感じたのはローリンヒル。

 

そんな私にとって特別な映画を久しぶりに観ています。

 

10代の頃に感じていた事を思い出しながら、

 

もうすぐ2018年。楽しみで仕方ない。

 

■提供中メニュー■
ビジネス, ビューティ, ファッション, プライベート,

自意識が高すぎると

『自意識』 又は 『自己意識』

自分自身を意識すること。

 

自意識が過剰になってしまうと、自意識過剰なんて言われてしまうこともありますね。

もちろん自意識が全くないのも社会生活しにくいですね。赤ちゃんや子供みたいな状態かな。

 

私がイスラエルで生活していた時に一番最初に驚いたこと。

それが、この自意識についてでした。

当時は『自意識』なんて思わなかったけど、振り返ってみるとそうだった。

なんでかというと、周りにいるイスラエル人(主にユダヤ人)が、みんな幼稚園生に見えたんですね。

私が身を置いていた環境がバレエ学校だったというちょっと特殊なダンサーという人たちだったというのも理由かもしれないけど、

でも学校の外で会う人たちも比較的にみんな子供みたいな人が多かったな。

 

一人で過ごす時も、友達とはしゃぐ時も、授業中も、いつもです。

決してそれのせいで環境が崩壊しているわけではないです。

どんな時も、みんなやりたい事をして、言いたい事を言い、笑いたい時に笑い、怒りたい時に怒る。

そしてそれでコミュニティが円滑に回っていました。

誰も誰かに気を使う事がない。他人への優しさはあるけど、遠慮はしない。

それがすごくいい感じに作用していて、居心地のいい環境がありました。

 

私がそれまで過ごしていた日本の教育社会とは全く違う環境だったので、最初は驚くこともあったけど、数ヶ月過ごすうちにその幼稚園みたいな環境の方が私は居心地よくなっていました。

 

誰かに気を使いあって遠慮なんてしないから、自分も誰にも気を使わない。

だから。残ったのは、本当の優しさと、本当の愛情だった気がします。

 

 

話はちょっと変わるけど、

現在ファッションコンサル・ビジネスコンサルでお客さんとやりとりしている最中に、よくある会話でね。

私『脚が綺麗だからもっと脚だしたら?』

お客『こんな年で脚だしたら周りからおかしいと思われませんか?』

 

私『みんなあなたの素の姿が見たいから、もっと自撮りや自分の写真を投稿したら?』

お客『えーなんか恥ずかしい』

 

とか、よくありそうな会話ですよね?

冷静に考えたらわかると思いますが、このお客さんは非常に自意識が高いですよね。高すぎて邪魔しているくらいです。

 

私は本当に脚が綺麗だなー、もっと脚を出したら良い成果が得られるなと感じるから、あのアドバイスをしているだけなんだけど、

確かに、良い大人が脚を出していて、周りから痛い目で見られるパターンもありますが。それは中途半端な人の場合。

私がアドバイスする人たちは本当に美脚の持ち主なので、そういう人は痛くないですしね。

もちろん美脚以外の場合も同じ。

そして一番の事実として、誰もそんなに見ていないってこと。

通りすがりに、脚の綺麗な女性が通ったらワァーーっておもわずみるんだけど、その1分後には忘れています。

そんなくらいのこと。

 

SNSでの投稿方法なんかも、恥ずかしいとか、思っているってことは

前提に『ものすごくたくさんの人が自分の投稿を見ている』というのがあるはず。

 

でもね、事実は

そんなにあなたの投稿は見られていませんよ。

今のSNSは流れが早いし、facebookなんて特に。みんなサラーーっとしか流し見ていないから、そんなに投稿一つ一つに自意識を置いていると大変になりますね。

長く継続はできなくなる。

 

 

自意識が高すぎることが息苦しさを生んでいるとしたら、大抵のことは必要ないんじゃないかなと思う。

 

もっと意識を向けるべき大切なことはたくさんあるはずです。

 

 

■提供中メニュー■
プライベート, 家族

性別判明!

5人目を妊娠中の私、気になっていた赤ちゃんの性別。

昨日の妊婦健診で、

 

分かっちゃいました‼︎

 

エコー見てたら、赤ちゃんがご丁寧にオマタわパカーンと開いてね。笑

 

それはそれは立派な

チンタマちゃんを誇らしげに見せてくれてたよ!

 

男の子ー‼︎‼︎

 

我が家には4人目の男の子を迎える準備を始めましょ♡

 

こんだけ男子が多ければ、将来可愛い彼女や奥さんを連れてきてくれるのが

今から楽しみになってきました。

 

 

■提供中メニュー■