Browse Category by プライベート
プライベート

草津温泉旅行

毎年5月に鎌田の家族が集まって草津温泉に旅行に行くのが恒例となっています。

 

いつもは日本各地でバラバラに暮らしているから、この時はみんな集まるのが子供達はみんな楽しみにしています。

 

大人も子供も、圧倒的に男率が高い鎌田家。

 

うちの一人娘のマリナがいつも以上にお姫様扱いされるよね。

 

自分が生まれ育った松田(私の旧姓)の家族は、お互いに誰も干渉しない、よく言えば自由っちゃ自由。又はドライっちゃドライ。旅行なんか行っても基本はのんびりモード。

家族人数も少ないし、パーソナルスペースは広め。

 

逆に鎌田の家族は、とにかくワッチャワッチャ。

パーソナルスペースがほぼ存在しません。笑

関西のノリなのか、皆んなつねに喋っている。

 

私自身が育った環境と、私の子供達が育っている環境とが全く異なるのがかなり面白い。

 

大家族で育つ人は本当に逞しいよね。

自分の子を見ていて実感します。

『三つ子の魂百まで』だなー

 

 

 

 

プライベート

産後の体重報告②

2週間前に書いた【産後の体重報告①】からの変化をお伝えします。

 

 

現在【60キロ】

 

2週間で少しずつ落ちてきましたね。

 

まぁ、50キロまで落としたいので、まだまだ先は長いのですが・・・

この調子で落ちていくと思うので、なんの心配もしていません。

 

ピラティス的な生活をしていれば、これは自然な現象です。

要の部分をニュートラルに、しなやかに、堂々と使っていれば、体はその人本来の一番ベストな体型に整えてくれます。

 

妊娠中に20キロ増えるのも私には必要だったこと。

でも産んだ後には必要のない重さはなくなっていくのが当然。自然。

 

私がピラティスで好きなところは、生活の一部に取り入れられるというところ。それは、ピラティスには哲学があるから。

ピラティスをマスターしちゃうと、ピラティスが生活の一部になってくるんです。わざわざエクササイズをしなくても、24時間生きているだけでピラティスしている状態。

そうなると、太ったり、痩せたりという不安から解放されて、心も体もかなり安定してきます。

 

ジャッキーチェンが【カンフーの良さは生活の一部になり得るところだ】と言っていたのと全く同じだと思う。

 

カンフーもピラティスも、哲学がしっかりあるものは生活の一部になるんです。

ぜひしなやかピラティスをマスターして、ピラティス的なライフスタイルを始めましょう!

 

 

■提供中メニュー■
プライベート

産後の体重報告①

ブログでの報告をしていませんでしたが

4/13に元気な男の子が無事に生まれました。

 

すでに産後2週間が経ちますが、母子共に健康です。

 

この2週間は、赤ちゃんと私の身体の回復を最優先に過ごしていたので、ブログでの報告が遅れました。

心配してくださっていた方、ごめんなさいね。

今日から、またブログ生活再開します!

 

 

今日、綴りたい事はと言うと…

 

ズバリ【私の体重】

 

妊娠前[51キロ]

妊娠中に増えた体重[18キロ]

51キロが69キロまで増えました。

*毎回妊娠中はこれくらいは増えます。

 

そして、産後2週間経った現在の体重は[63キロ]

 

これを読んで驚く女性はきっと多いんじゃないかな。

最近では、妊娠中にあまり体重を増やすなと指導されるらしいし、だいたいは多くても10キロ増くらいで抑えるみたいよね。

 

私は毎回20キロ近くの増量!笑

それを毎回必ず戻していきます。

正確に言うと、戻っちゃう。が正しいかな。

 

私が提唱している、しなやかピラティスの理論に基づいて、骨盤をニュートラルにして骨をしなやかに使いこなす生活をしていると、

食事制限や、過激な運動をする事なく、体重・体型は自然と戻ります。

 

むしろ、私のモットー

【産む前よりも美しく】が自然に実現していくんです。

 

今回も、今63キロある体重が、私の適正体重50キロまで戻るプロセスを、このブログで記録していきますね。

 

夏休みまでには、戻したいかな。

 

さ、活動再開!!♡

 

■提供中メニュー■
プライベート, ラブ

映画の話し。【ビフォア・シリーズ】

出産予定日まであと10日。

いつでも生まれてきていいように準備しています。

 

いつも仕事の事ばかり考えているような、仕事中毒人間の私からしたら、この毎日はヒマです。

意味もなく子供達の新しいハンカチをチクチク手縫いしたりして、時間潰しをしています。

 

映画もたくさん見ているよ。

 

昔見たフランス映画や、ポテチを食べながら見たいくだらないラブコメとか。

ファッションやダンスのドキュメンタリー系もたくさん見ている。

 

その中でも、何年かぶりに見た大人気恋愛映画の【ビフォア・サンライズ】【ビフォア・サンセット】【ビフォア・ミッドナイト】シリーズ。

 

1作目を初めて見たのは、まだ私も子供だったかな。20歳くらいかな。覚えてないけど。

 

1作目はウィーン。2作目はパリ。3作目はギリシャ。が舞台。

男と女の面倒臭いけど惹かれ合う【関係】がものすごく私好みに描かれています。自然体。

 

ジュリーデルピー演じる主人公の女性の、躁鬱でヒステリーな所とかは、私自身を見ているみたいで、笑

ものすごく愛おしさを感じる。

 

映画の中の2人の会話や喧嘩は私と夫のやりとりとかなり近いんだよね。

 

でも、この映画を見た女性は、そんな共感を感じる人は多いんじゃないかな。

 

私も夫のことが嫌になる時。もう一緒に居たく無くなるほどイラついたり。あるよ。当然。

夫婦になって10年だもん。

 

でも、どんなにムカついても、どんなに口喧嘩しても、その日の夜には笑い合えちゃうんだよ。不思議だけど。

喧嘩の後のエッチってやたら燃えるしね。笑笑

 

3作目の映画の中でも出てくる話題だけど。

子供がちいさい時って目まぐるしくて、特に母親は自分が自分じゃなくなるみたいな時期があるでしょ。特にもともと行動力のある芯の強いタイプだったりすると。母親っていう仕事はかなり苦痛を伴う。私はそう。

でも、時代・時間っていうのは過ぎ去るものだから。

今はその台風の目の中にいるだけで。きっと台風が過ぎ去った後の穏やかさや静けさが訪れるんだよね。

そしてさらに時代が過ぎ去れば、台風の目まぐるしさ自体のことも忘れてしまうかもしれない。

 

 

それが人生。

 

私がこれからも躁鬱なヒステリー女であることは変わらないとは思うけど。それを全て受け入れて無条件に愛してくれる男性が隣にいることは、もしかしたらものすごく幸運なことなのかもしれないね。

 

 

はぁ。1週間はこの映画のおかげで、いい気分で過ごせそうです。

 

 

プライベート

最近一番興味があるのは

内面は外見に全て現れる。とはよく言われます。

 

顔・体・手のひら・足の裏・声・表情・服装・寝方・食べ方・・・・・

 

数え上げればキリがないくらいですよね。

 

顔相・手相・骨相・寝相・・・・

それぞれの相を読む専門家も多数いるくらい。

 

最近私がすごく興味があるのが、髪!

 

色々な人の髪の毛をガン見しまくって、リサーチしまくっています。

 

やっぱり、髪の毛はその人の内面・性質をよーく表しているなーと感じている。

 

もう少しリサーチしていく甲斐はありそうです。

 

 

■提供中メニュー■
プライベート

リメンバーミー

現在公開中の映画『リメンバーミー』を家族で見てきました。

 

かなり公開前からプロモーションしてましたよねーー。

そのプロモーションの甲斐あって、笑

うちの子たちも公開をものすごく楽しみに待っておりました!!

 

リリース前のプロモーションの大切さを改めて感じた。

 

内容は、メキシコが舞台のとっても陽気な人々のお話。

そして主人公の男の子が死者の世界に入り込んでしまうという、非常に霊的な内容。

一昔前なら、こんな霊的なストーリーの映画をハリウッドが作るなんて考えられなかったなーと思う。

 

時代が変わったなーと素直に感じました。

 

我が家も、この2年の間に、父や母が霊界に旅立ちましたので、子供達も映画を見ながら、おじいちゃんやおばあちゃんの存在を照らし合わせたりしたみたい。

色々とシンパシーを持ちながら映画を見ていたよ。

 

 

ラテンのリズムと、ラテンな人々の明るさが心地よくて、とっても良い映画でした!

家の中での圧倒的な母親の存在感が好きです。ママは絶対的な存在なんだよね。

 

 

 

 

■提供中メニュー■
ぶっちゃけ, ビジネス, プライベート

クローゼットも人間関係もたまには整理

友達について。

 

みんな友達ってそんなに必要かな。

4月から小学校に入学する私の息子は、新しい友達ができることに胸をときめかせています。

 

がしかし・・・

大人になると、友達100人とお弁当食べてるのなんて意味がないと思う。

 

お互いに高め合える、本音で思いやれる1人がいれば十分。

 

 

 

周り見ていて最近疑問に思う事は。

 

仲良しごっこに時間を割いている人がとっても多いんだなーって事。

 

もしその人たちが時間がたっぷりあってヒマならいいんだろうけど。

仕事もあって、家庭もあって、決してヒマではないだろうに、

なんの役にも立たない、むしろ自分を引き下げる人とつるんで何してるんだろう。

 

1年前はその人と同じ場所・同じ土俵で意気投合していたかもしれないけど、

あなたの存在場所が変わったら、仲間が変わるのは当然な事。

 

決して裏切りでもないし、冷酷でもない。

 

本棚の本も、クローゼットの洋服も、友達も、恋人も、夫も、

その時の自分に合わなくなったなら処分するなり、整理するなり。

 

その時一瞬一瞬に感謝していれば、自分を取り巻く環境や人間関係が変わり行くことに対して

罪悪感を持つ事は一切ない。

 

どんなに昔馴染みだとしても、今、付き合えなければ、付き合わなくていいでしょ。

 

自分の人生、結局は自分で生きるしかないんだからさ。

 

2合目までしか行ったことがない人は、上の様子を想像するのは難しいけど、

8合目にいる人は下の状況はわかる。

頂上に着いた人は、多分2合目に戻りたがる人はいないよね。

 

 

 

■提供中メニュー■
ただのぼやき, プライベート

眠れない夜は諦める

昔からたまにどうしても眠れない夜がある。

 

そんな日は、諦めて、寝ないの。

 

久しぶりにそんな夜だった。ナウ。

 

スマホにゲームをダウンロードして、ひたすらやる。

 

そしたら明るくなってきたよ

 

夜は寝たいねー。起きてると長い。

でも、必ず朝が来るのはありがたい

■提供中メニュー■
ただのぼやき, プライベート

子沢山ママの小ちゃな秘密

子沢山ママなら分かってくれるかしら?

な、ちっちゃな嘘。

 

銭湯とか、温泉とかに行くとね、お腹の大きな妊婦は、かなり目立つです。

 

おしゃべり好きなおばちゃんに、よーく話しかけられるのね、

「何ヶ月〜?」「男?女?」「何人目なの〜?」

とかは質問されるテッパン。

 

何人目?と聞かれた時に、正直に「5人目です」と答える事はまず無い。

もし「5人目です」と言ったら、更なる質問攻めにあう事が間違いないから。ちょっとめんどくさいんです。

 

「何人目?」の質問には、大体「2人目です」と答えます。笑

 

どうでもいいんだけど、生きていくにはつく必要がある嘘もある。

 

今日も寒すぎて、常連の温泉へと行ったら、案の定1人の上品なオバ様が話しかけてきました。

 

その方は、私が初めての妊娠だと決めつけて話しかけて来たから、私も乗っかって、初めての妊娠のテイで話しました。

 

お産に向けての心構えとか、

40年前のお産はこうだった。ああだった。とか

女の生き方のアドバイスを一通り示唆していかれましたよ。

 

意外と面白い話しが聞けた♡

 

子沢山ママならアルアルかも?な小ちゃな嘘のお話しでした。

 

もう寒いの嫌ー。

春よ来い!!

 

 

ビジネス, プライベート

私のブログヒストリー

何気にブログ歴は13年にもなります。

 

イスラエルから帰国して東京でダンサーしていた頃に始めた、ジュゲムブログが最初。

日々の徒然つぶやきや、公演の宣伝なんかを書いていました。

もう昔すぎて見せられない内容が多いので削除してあるから探してもないよ。

 

次に、5年前に起業した頃に開始したアメブロ。

4年間弱続けました。

PVを上げるために必死でしたねーー笑

他のブログの読者登録しまくったり、アメブロ内でお友達増やしたり・・・

正直それが売り上げにつながっていた形跡は無し・・・・涙。

まぁ、経験しないとわからないので失敗もよしです。

 

そして1年前に始めたワードプレス。

がこの今のブログです。

私はアメブロからワードプレスに引っ越してよかったなーと思ってるよ。

自分のURLを持てることとか、デザイン度も自由だし、洗練されているから、ストレスフリーです。

最初の作成時はちょっと難しいのかもしれないけど、日々の記事更新に関してはものすごく楽!やりやすい!

アメブロよりも書きやすいと感じています。

そして、じっさいにどれくらい読まれているのか、どの記事が何回読まれているのか、の分析が非常に正確に細かくわかるから、分析しやすいよね。

分析にはgoogle analytics を使っているから、アメブロユーザーさんでもそれを使えば正確なPVがわかるのでおすすめです。

 

アメブロが出すPVは意味不明だから。ずっと気持ち悪かったんだよね。

 

ワードプレスにしたいけど、作成段階で引っかかっている人は私の夫に相談してくださいね。

巷の相場よりはだいぶお安くブログ開設のお手伝いをしていますよ。

こちらまで

mail@manyscent.com

 

いやぁ、ブログ歴も13年って我ながら続いたなーーーと感心しています。

今年はブログ講座でもやってみようかな。

希望者がいれば・・・ね

 

 

■提供中メニュー■